2018/05/17

ストック状況+スケジュール



先週末リリースのアイテム、SILK TOPSは両色完売しました。
私のオーダー分まで消えて超悔しいので、特にヨウジレッドは今後やるぞと心に決めました。

スカートとスニーカーも気に入っています。
Tシャツに合わせてもカジュアルになりすぎないし、
東京は蒸し暑くなってきたので、スカートだとやはり涼しくて。
スカートのストックはあと2着です。

そしてVETEMENTSスニーカーは、サイズによってまだあります。
これは履いた人にしかわからない感覚ですが、履き心地がブーツなの。。
まず履き心地でオーダーしたと言っても過言ではない一品なので、ぜひ実際に試してみてほしいですね。
年齢ゆえに、シルエットと素材感のおかげでカジュアルにならないのも有難いです。
ストック買いしたくなってます。


来週平日はストアを出たり入ったりが多いです。
ご来店の方はメールくださいませ。
 →  highandseek.tokyo@gmail.com




2018/05/14

「mod. LIFE HARDWARE」Launch


昨年より商品開発に関わりましたインテリアブランド
mod. LIFE HARDWARE」のサイト、そしてオンラインストアが完成しました。

オープンニングのラインナップは8商品。
服飾品の収納に常に悩まれている私のような方、是非ご覧くださいませ(笑)
いろいろと加工の常識を覆したので、他にはない風合いに仕上がったかと。




   WEBサイト:modlifehardware.com
   オンラインストア:modlife.theshop.jp


個人的な趣味が爆発して、リンクBLOGに私物をゴロゴロ出しちゃってます。
これ掛けて写真撮りたい♡みたいなノリで。

あと「色がほしい!」とバレンシアガのバッグに植木鉢を突っ込んだりしているので、
そういうアホさ加減も楽しんでくださいませ。
(*もちろん画像の服飾品は付属しませんのでよろしくお願いします)



2018/05/12

Yohji Red, Yohji Noir


今週末リリース、最後の1点です。

ヨウジヤマモト社の珠玉のアーカイヴファブリックを使用するY's PINK別注コラボ。
世界で勝負してきた往年のビッグブランド、
さすが今回も恐ろしくラグジュアリーなシルク生地が発見されましたよ。。

ということでY'sコラボをスタートするときに、絶対やりたいと思ってたコレを。




Yohji RED and NOIR 
Silk Dress Top Collection...
Size: M only Material: Red Silk 85% +Wool 15% / Noir Silk 100%


これぞまさにヨウジの赤……!
日本人の肌になじみのよい、美しい美しい目が覚めるような朱赤のコレクションは、
通称「ヨウジレッド」と呼ばれて世界中から賞賛されてきました。

しかしこのヨウジレッド、最近は全く出してくれないカラーでもあるんですよね……。
てことで、これはうちで復活してもらうしかないわなと。



写真からでも高級感がダダ漏れなシルクウール、もう発色が素ン晴らしいんですよ。
こういうカラーは天然素材で、なおかつ品質もよくないと無理なのマジで。

写真ではビカビカしてみえるかもしれませんが、実物はもっと落ち着いた光沢感。
このシルクならではの贅沢なドレープと、落ち感にうっとりです。




深めのスキッパースタイルのネックライン。
フロントのリボンは無造作に垂らしたり結わえたり、
背中側に回してホルタースタイルにしても、アクセントになって素敵です。


そしてもうひとつのヨウジカラーといえばブラック、「ヨウジノアール」ですね。
こちらには、今後は二度と作ることがないだろうとされる超贅沢生地を使用しています。



普通に生きていて出会うことはない、32匁のシルクダブルクレープ。
原料が高騰したのもあり今ではどこの生地メーカーもほぼ作れない、ランクの違う極上素材です。
シルク生地の中でも極厚で、謎の伸縮性があるのにビビります。

こちらもストーン・ビシーッとした落ち感に、ドレープの陰影が美しいです。
吸い込まれるような漆黒のブラック。



深めのサイドスリットのおかげで、前だけインしたりと着こなしは遊べます。
私は太めのパンツに合わせて着るのが好きですね。

そしてこんな極上生地ですが、今回も嬉しい逆ビックリプライスじゃー。

シルクなだけにお洗濯を心配されるかなと、自宅でドライ洗濯実験済み。
デザイナーから大丈夫と言われて半信半疑でしたが、本当にビックリするくらい大丈夫だったわ……。
明日ストアには洗濯済みの生地を持っていきますね。



土曜日は地獄の理事会で14時OPEN、日曜は12時〜です。
インテリアブランドmodlifehardware.comもよろしくどうぞー。

High and Seek     
東京都渋谷区渋谷1-3-18 
VILLA MODERNA  C-408  
highandseek.tokyo@gmail.com

*道順→コチラ
*12:00〜19:00
*定休日:月 火
*男性の御入店はお断りします
*Instagram: ikonatsukawa

2018/05/11

VETEMENTS "Calf Leather Sneaker"

  
最初見たときは「こ…これス◎ンスミスやん……?」と思ったんです。

でも食わず嫌いはよくないと一応試着したら、もう全然違って目からウロコ!
これデザインもさることながら、履き心地が別物なんです。
てことで即決オーダーしました。

VETEMENTS "Calf Leather Sneaker"
Size: 37, 38, 39, 40, 41
Price: 109,080yen (incl. Tax)


まず、ソールが硬い!

スニーカーといえばフカフカしたクッション性が売りですが、
腰痛持ちの私は、あの柔らかさで腰が不安定になりやすいんです。
これは適度に硬さがあるので、もんのすごく歩きやすい。
とにかく履けば違いがわかります。


そして、どうしてもリアルレザー。

もちろん本家コラボも考えたけれど、リアルレザーにこだわったら無理だったそう。
受注会をしたY's Limited Shoesの時にもイタリア人が呆れていましたが、
今あえてレザーでスニーカーを作るというのは、やはり異端なようです。
足馴染みも通気性もレザーのがいいのになー。

しかしカーフレザーにパンチングは、さすがに馬鹿なのかなとは思います。
そんなやつらの本気度が好きだ!



決め手は足元だけ大きく見えない、すっきりとクリーンなシルエット。

元ネタと靴自体の作りが違うからだと思います。
ぽってりとせず、シューズ全体が低めのシルエットです。
オヤジの顔が付いてこないだけに、タンも小振りでバランス良し。

それとパンチングロゴのおかげか、白が間延びしてないのも大きいのかも。
ロゴを超えて「パターン(柄)」まで昇華しているところも素晴らしいと思いました。

ソールラバーも平坦ではなく、表面がザラ付いてますよね。
元ネタがイマイチ似合ったことがないのってこういうディテールにあるのかなーと、正解を突きつけられた気分でした。




Y's PINK ”Wrap Denim Skirt"

遅ればせながら明日リリースの商品について更新します。
明日は14時オープンです。


Yohji Yamamotoといえば、ロングスカートの美しさ。
特にストーンとした「Iライン」のシルエットは、他ブランドの追随を許しません。

デザイナーKosaka氏は
「おまえオンナのカラダを知らないのかッ! 
 この腰から尻のラインが大事なんだ、直接さわってみろッ!!」
とヨウジさん直々に、今ならMetooギリギリな御教授を受けたそうですよ。

 
Y's PINK x High and Seek "Wrap Denim Skirt"
Size: Adjustable (XS〜L)
Material: 12oz Denim

そんなヨウジイズムが味わえる、珠玉の美尻スカートのご紹介。

デザイナーズブランドではあえて色落ちしない"デニム風"生地が使われることも多いのですが、
あの妙な風合いが好きになれない私は、12ozのリアルデニム生地でお願いしました。

今年の夏にはパキッとしたリジットボトムスに、Tシャツ合わせたいんですわー。
あと夏場に履いても蒸れないデニムが欲しいなって(笑)



身長156cmの私がヒールを履かずしても、脚がすらりと見えるさすがのシルエット。
デニムですがカジュアルになりすぎず、凛とした印象です。

巻きスカート仕様で、ジーンズのボタンフライがウエストにきたといえばいいのかな……?
スカートはウエスト周りが単調になりがちなので、こういうデザインは嬉しいですね。

この4ボタン、サイドリボンのおかげで、XS〜Lまでウエスト調節が可能。
画像ではウエストボタンは全て閉めずに着崩しています。




ふにゃふにゃしたデニムスカートって好きになれないので、内側はバシーッと全面芯貼りで。
通常1枚で着るしかないワンピースも、このスカートがあればトップスとして着用できますよん。

この新品の状態で着丈91cm。
デニムの性質上、洗うとすこし縮むと思われます。
リジットの状態で履く場合は摩擦による移染に気をつけてくださいませ。

しかしうーん、ナイスケツ。
重力に負けつつあるラインを見事にカバーしてくれています。


このヨウジ特有の美尻&脚長効果は是非体験してもらいたい!
大昔のNoirのロングスカートをまだ大切にしてますが、巻きスカートでもこのラインが表現できるからすごいなぁ。

両サイドにポケット付き。
後ろにスリットが入っているので、足さばきも楽です。
ヒールも合わせてみたいわー。